便利なシソ入り甘酢&薄焼き卵

Share on Facebook3Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pagePin on Pinterest0Share on Tumblr0Email this to someone

お弁当アルバムです。

だんだん暖かくなって参りました~!

暖かくなるとお弁当作りも気を使う。

 

保冷剤をたくさん入れたり、

保冷バックを使ったり・・・

とってもとっても手間がかかるの。

 

しかし・・・ぷちタコを買ってしまった。

あまりにかわいかったもので!

刺身用のタコ・・・お弁当には無理でしょ?

 

じゃ~ん!入れちゃいました。

ちとグロテスクですが・・・

娘たちには評判よかった。

 

DSC_3519

 

刺身用のタコはさすがにそのままでは入れません。

そういう時は・・・

 

甘酢登場です。

正確に言うと甘酢にゆかりを入れてピンクにしております。

酸っぱさって、育った家庭で好きな加減が違うように思うのです。

母親が食べないと子供はニガテな事が多いですね。

徐々に酸味を加減して、少しづつ食べていくといいと思います。

 

*****

 

甘酢の材料(作り方とは言えない)

砂糖(我が家はダイエットシュガー) 適宜

塩 適宜

お酢(ニガテな人は出汁で薄めてもOK) 適宜

みりん お好みで

*****

 

DSC_3555

 

今回は甘酢にゆかり(しそ)をお茶用のパックに入れてタコさんと一緒に漬けました。

 

本当は、タコウィンナーと並べて「どっちが本物?」ってやりたかったぐら~い。

 

DSC_3518

 

傷みそうなや生野菜もちょっと甘酢を通すだけでも

だいぶ傷み具合が違うと思うのです。

人参も今まではグラッセにしてそのまま入れていたけど・・・

ちょっと甘酢を通して詰めると安心ですよね。

酸っぱいのニガテな方は二杯酢、三杯酢なんていうのもありますよ。

 

しそ入り甘酢その2

かまぼこの場合。

 

DSC_3540

 

甘酢にゆかりを入れたものに、かまぼこをひっくり返して一晩漬けました。

 

ちょっと細工するとかわいいですよね。

薄く切って丸めて挟むだけです。

ほのかな紅色はシソだけの色です。

 

合成着色料が嫌いで・・・

かと言って天然でもコチニールもダメなもので・・・

(何故ってわからない人は検索してください。。。汗)

色つきのものはあまり食べないのですが・・・

シソは安心して食べられます。

 

DSC_3548

 

さて~

 

先日薄焼き卵を冷凍するお話をしましたが~

まさに、その時冷凍した薄焼き卵です。

冷凍しても、前日チルドに移しておけば、同じく冷凍しておいたケチャップライスを包んで

簡単にオムライスが作れます。

DSC_3536

 

ご飯は実は元々豆ご飯で・・・

ケチャップライスにして、豆を取らせちゃお~作戦でしたが~

ぜんぜんOKでした。

 

お友達にいただいた、豆ごはんの素

お豆たっぷりです。

このままでも美味しい

 

DSC_3529

 

実はオムライスのケチャップライスは炒めていません!

(え~!ぐうたら)

 

ケチャップと

オリーブオイルと

乾燥オニオンと

ハムかソーセージのみじん切りを・・・

和えるだけです。

 

DSC_3549

コストコで買った乾燥オニオン

 

乾燥オニオンはとっても便利です。

辛くないし

切る手間いらないし

ケチャップでご飯を和えると・・・

普通は水っぽくなると思うのですが、ちゃんと水分を吸ってくれます。

ネギ類が大嫌いなちびひめも、

 

「たまねぎがあまり入ってなくて美味しかった~」

 

・・・なんて言って気づかずに食べてくれます。(実際はしっかり入っているのに)

切る手間いらないので

じゃんじゃん使えます。

(その割にはお手頃価格だと思います。)

ぜひぜひお試しくださいませ。

 

 

(^^)v

 

またケチャップライスの件は作った時、くわしくお話しますね。

コメントを残す