今とても気に入っているお道具。パイレックスの計量カップ。スープジャーにピッタリ。

Share on Facebook6Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pagePin on Pinterest0Share on Tumblr0Email this to someone

先日は11月なのに雪降ってびっくりでしたね~
我が家も狭い庭に雪が積もりました。

img_3756

寒くなるとお弁当に温かい物を持っていきたくなりますね~

我が家では普段。娘が、冷凍庫に作り置きしておいたおかずとタイマーセットの炊き立てのご飯を自分で詰めてます。

せっかく自分でやっているので自立をたすけないと~

ですが、汁物だと鍋で作って温めて、その間にスープジャーに熱湯を入れて・・・
っていう段取りで、忙しい朝、娘だけでガスを使うのはちょっと心配。

どうしたものか~ともんもん。
近くのホームセンターで閃いた!笑
お店で見つけたのがパイレックスの計量カップ(メジャーカップ)なんです。

重いガラスに赤い文字~そうそう。
どこにでもあるやつとお思いでしょうが~

img_3817

これとっても便利と気づきました~^^

スープジャーにピッタリの量が作れる。
耐熱なので、中に材料を入れて加熱できる。

おりこうさん!

娘のスープジャーが380mlの容量なんです。
なのでちょうどその量を作って置けば、朝レンジで温めて、そのままじゃ~っと
ジャーへ入れればいいわけ♪

おたまもいらない。よしよし^^

日本で売られているのは
250ml、500ml、1000lの三種類があるみたい。
1000円前後の手ごろなお値段。

普通のスープは500mlでちょうど1人分が作りやすい。

img_3729

しかも火を通すときに材料をすべて柔らかくする必要ないのですよね~
ジャーの中でちゃんと柔らかくなるから。

前日することは、パイレックスに野菜を刻んで投げ入れ、水を入れてスープの素入れて、一度レンジする。それだけ。
(当日の朝レンジの時間が長くなってもよければ前日レンジしなくてもOK)

シチューやとろみがある汁物は加熱時間が長くなると吹きこぼれやすいので
大き目の1000mlの方が安心です。

少なく見えるけど、ちょうどジャーに入る量となっています。↓
温めても吹きこぼれません。

この日は、ハンバーグを大きく刻んで、水追加。ニンジンじゃがいも、カリフラワーを入れて、コンソメ入れて、デミグラソース(チューブのを少々)を入れて電子レンジに5,6分かけただけです。

img_3820

寒い時期は寝る前準備して、そのままテーブルに置いておきます。
スープジャーには前日夜お湯入れておきます。←本当は当日熱湯を入れた方がいいけど省略。

朝、娘が起きて、パイレックスごとレンジにかけて、スープジャーのお湯をすてて、スープを注いで持っていくだけ。
出来上がり量が分量通りなのと、持ち手がついているので、危なくなくて注げます。

小さい250mlのも、とても気に入ってます。
ちょっと大きいティーカップなんですもん。
重ねておいておけるし、洗うのも簡単で茶渋もつかない
ミルクティーも好きな分量もわかりやすいし。

あら。すっごく使いやすいじゃな~い(*^-^*)

img_3822

私にとって茶渋がつかないというのがお茶入れるのにすごく重要なんです。
洗い物嫌いなので(__)エライ。パイレックス。

調べたら、本場アメリカでは、ティーポットとして使っている人も多いとか。
やはり洗いやすくて人気らしいです。

さらに寒くなると、これからも出番が多そうなお道具。
追加で購入したくなっちゃいました。

 

 

 

 

コメントを残す