カテゴリー別アーカイブ: 変わり者家族

バーミヤンは偉大だ。手作りオーギョーチ

愛玉子オーギョーチ(バーミヤンにあるやつ)のタネ?が戸棚の片隅にあるのを発見してしまった。作ろうと思ったまますっかり忘れてて、しかも作り方を見たらちょっと肉体労働系。

一瞬捨てようか?と思っていたの夫がもったいないって作る気になってくれた。サラシに包んでペクチンが出てくるまで揉むらしい。私にとっては力仕事。そこは大変らしいよ。。。とは言わずに。ちょっと揉むらしいよ。(嘘)とかげながら応援してみた。

揉んでるところの動画も撮ったけど(あまり美味しそうでない笑)
でも冷蔵庫で固まった姿は琥珀色でなかなか綺麗。そこにクコ実とレモンシロップを注いで食べるとあの味だ!

種はだいぶ以前にネットで他のものといっしょに購入したものです。お試しで少量入っていたように思う〜どっかにあるはずのリンクがすぐ出ない。

せっかく作ってくれたので良いお皿出してあげよう。

夫は昔から日々のお料理とか作るのは興味薄いのだけど、プリンだとか、シャービックとか(懐かしい)その手の実験的なクッキングだとやる気が出るお方。今回はそれにぴったりの課題だったわけです。

夫曰く。バーミヤンは偉大だ!(多分もう作らないな笑?)もみもみするのはちょっと力がいるみたいです。お味は美味しかった。また食べたーい。どうにかまた忘れた頃に作らせよう。ふっふ。

追伸

購入サイトのリンク出てきましたので一応貼っておきます。1番小さいので4〜5人分ぐらい出来ました。

https://item.rakuten.co.jp/msty1018/aiyuzi-30g/

あけましておめでとうございます。今年こそ良い年にしたい♡

今年もよろしくお願いいたします。恒例ですが年末年始のお料理を貼ってご挨拶にかえさせてください。

後で自分で参考にするためでもあります。(レシピや盛り付けを忘れるから)

龍ヶ崎に住んでいる母には念のため感染を避けてそば弁当を届けました。

元旦用に熊野旅行で食べたさんま寿司をお取り寄せしました。お節料理は量は少なめでも寂しくならないように、ここ数年お盆でワンプレートにして出しています。小さな器を並べるのも楽しい。

小さい器ばかりなのであまりかさばりません。そのままそれぞれ取ってもらうので衛生的だし残ったらひとまわり小さなお盆へまとめて行けばきれいなままなのも便利。

わが家のお雑煮も一応貼っておこう。
母が東北なので醤油味のお澄まし、鶏肉入り、千切り野菜です。

コロナ絡みで、いつもと違う年末年始でしたね。家族も部屋ごとに過ごすものであんずが行き場がなく廊下で中に入れてって鳴いてました。同じ家の中でもソーシャルディスタンスなもので、お互い寂しかったね。それでもそばに居てくれる安心感。家族は大きな存在だと思いました。

もう少しの辛抱。みんなで良い年にするために頑張りたいと思います。

羊さんとカイコさんに感謝 苦手ミシン克服中

化繊のアレルギーなもので困ってましたが、ふとしたきっかけで着物の反物で服を作るようになったら〜快適で快適で痒くならないし心地いいし、もう全て天然素材にきりかえてしまおうかという意気込みです。が!?技術が伴わない。真っ直ぐ縫うのも必死です。


そもそも型紙を見ても出来上がりが思い浮かばない。ミシンが苦手で学校の宿題はみんな親にやってもらってたツケが回ってきたのですね。諦めようかと思った折


上の娘から苦手な事にチャレンジしてみると今までにない発見もある。という助言を受け。老いては子に従い??毎日練習と思って少しでもミシンの前に座ろうと決めました。


縫ってはほどき縫ってはほどきで酷い仕上がりだけど後で成長した暁には頑張った証拠として記録を残しておこう。


着物生地はウールで良いものでした。程よい厚みが温かい。羊さんすごいわ。メルカリで3000円しない反物だったのに、スカート、ベスト作れてまだ残っているのでまだ何か作れそう。


以前作った巻きスカート風の簡単ギャザースカートに合わせて上に着るベストを制作。反省点はちょっと横幅が大きすぎたかな。まあ。着るのは楽です。


さらに巻きスカート風の簡単ギャザースカートと同じ形でもう1枚縫いました。


チェニックの中に着ても温かいのでお気に入りです。


はじまで写せない。これはもんぺ??じゃなくて〜ハーレムパンツに近いかな。パジャマ用なんだけど着やすいので外で着るように作ってみました。反省点はマチがバイヤスで縫いにくかった。何かやり方が違うんでしょうね。もう1枚作って検証したいと思います。いっぱい作っているように見えますが作りたいものがなかなか上手に縫えないのですよね〜。帽子も作りたいな。コロナが収まった頃、上手に作った服を着て外に出たいと思います。それまで下積みで頑張ります。


ただ今禰󠄀豆子っぽいケープコートに挑戦中


簡単そうなんですけど縫う量が多い。絹の触り心地は良いですね。温かいし。そういえば以前子供たちに「まゆこ」という絵本を何度も読んで聞かせました。カイコたちとお祭りで出会う話なんですけど幻想的でとても素敵なお話でした。また読みたくなってきた。今は手に入れるの難しそうですね。この本を読んだ時に初めてカイコを煮てシルクを作るって知りました。結構当時の私にとってはショッキングでした。生き物の命を頂いてい生きてる事に感謝ですわ。カイコ愛が芽生えてきたのも苦手なミシンのおかげかな?もっと精進したいと思います。


まゆこ

https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=2647


朝起きるのが辛くなってきましたね。

夫が出勤の時は6時には駅に送り、寒くなければスタバが開くのを待つのですが、今朝は寒ーい。

24時間オープンのありがたい西友で買い物をしてそそくさと帰って参りました。玉子焼きでも作ろう。玉子焼きは甘い派?しょっぱい派?我が家は昆布だしたっぷり目で焼きますよ。

結婚時に甘くない玉子焼きを出したらがっかりされたのでそれから夫に合わせて甘味料の入ったデザート風玉子焼きとなっております。(子供はしょうがない笑)

まあ。その点譲ってあげてるので他は全面的に譲っていただきたい笑 例えばソースは全てウスターで。餃子はお酢だけで。とかアレコレ

あんずはちょっとしたひなたを探して日向ぼっこ。

私もお日様が恋しいせいか黄色いツワブキを描き始めました。こういう花が良いなあと思うお年頃になってしまいました。苦々

ソーシャルディスタンス バースデーパーティー

上の娘と数ヶ月ぶりに会えてうれしかった。前回帰省しようとしたら割と近距離でコロナの噂があって、帰省が延期になってました。嫌な世の中じゃ。

上の子と下の子(真ん中がいる笑)の誕生日が近いので一緒にお祝いをするのが毎年の恒例行事でしたが

しかし今年は気を使う。マスクもそうだし。食べる場所もなるべく距離をとって。それぞれがコロナにうつる危険をなるべく避けるようにしないといけない。床暖房を最強に。窓は開け換気をよくしながら。

どうにか無事に終わって良かったです。手違いで兄のケーキが小さくてすまぬ(父が買ったのだよ。ホールのつもりが。。。)いろいろ小さなハプニングありましたわ。

今年は子供の頃のビデオを公開。懐かしくて母も喜んでいました。

途中、長男がビデオの自分の姿に呆れたのか?退室笑

そうだった。こういう子だった。よく大学に入ったものだ。そして就職できたものだ。と今更ながら感心しました。

下の娘が「いつになったら私が出てくるの?」って。

そうだった。ごめん。途中からあまりに育児が大変で記憶がない母でした。手のかからない良い子だったのは間違いないですが、誰に聞いても下の子のビデオの数は少な目だそうな。いや。それでも撮ってあるはず。どこかにあるはず!探すから待ってて💦

家族揃ったのは半年ぶり以上。1人暮らしの母も限界でしょう。人は1人では生きて行くのが大変。みんなで(ソーシャルディスタンスしながら)手を取りあって乗り越えましょう。

あんずさんも。久々に賑やかじゃ〜♪とご機嫌でした。

雨予報から一転晴れ。今だ!骨董市へ

ずっと週末雨で凹みがちな日々でしたが今日は青空が見えた。中止かな?と思っていた骨董市を覗いたらやっていました。いつもより盛況!かわいい招き猫を見ると写真撮ってます。

まずはお参りはお忘れなく♪

お店で見てるとオバサマお二人に声かけられて

下手ながら作った服を褒めてくれた。どうやって作ったの?生地はどこで買ったの?今度何作るの?楽しいおしゃべりでした。また来月も行けたら良いな♪

すばらしい那智の滝。昔の姿が偲ばれる。

感動して見入ってたら、ふと。昔はどんな滝だったのかなあ?と思いました。
森の伐採で水量が減ったとかいう記事も読みました。
私の大好きな南方熊楠氏も憂いていたとか。
滝によって崖も浸食されてきてるでしょうし
もっと水量があった?
もっと落差があったのかな?
と古の姿を想像してしまう。
すばらしい滝でした。

滝フェチ満足♪

新しく始めたこと。着物をほどく

コロナでずっとおやすみだった骨董市。やっと行けて嬉しかった。もちろん消毒薬が並んだり幾分縮小気味ではありましたけど賑やかさが懐かしく、いい気分転換になりました。

お店の方々もマスクしながら頑張ってましたのでついつい買うものも多くなっていく。で。うっかり買っちゃったのでありますよ。

コロナでマスク作りのためにミシンを購入した人は多いそうな。
私もその1人で、不得意ながらも仕方なく購入。
マスクもやっと縫えるようになったけれど
どうも性格的にテーブルの上がカオス状態になって自分自身に苦しくなる
真っ直ぐ縫うのもやっとなのに7万いくらかの出費(手頃なのはもう売り切れで)はコロナ無くしてはあり得ない。
でもしまってしまったらもう出さないよね💦

しぶしぶ始めました。
真っ直ぐ縫うだけのお裁縫。
ちょうど買おうと思ってたものがマスク材料で作れるぞ。

マスクより縫うところ長ーい(当たり前)
でもなんとか頑張った。
家庭科の宿題をみんな母にやってもらってた私からすると
一歩前進なのでありますよ。
自画自賛

マスクの次に作りましたのはまっすぐ縫うだけのペチコートです。
でも長さやボリュームなど好みに合うのがなかなかないので
自分にちょうどいいのが出来たことがうれしいです。

で気を良くして先日の骨董市で古い着物を購入してしまいました。
え?💦
無謀💦

ほどくの結構大変でした。
人の手で縫ってあることに今更ながら驚いて
丁寧に直してあるのを見たら、ほどくの申し訳ないなあって思っちゃったり
感情移入しまくりで単にほどく作業よりいろんな思いが湧いてきちゃう作業でした。

洗い方を調べ恐る恐る中性洗剤で洗ってみました。
幾分艶は控えめになったけどとりあえずさっぱり

せっかく縫ったものを解いちゃって、ごめんなさい。
何にもならなかったわって言うのは避けたいな。
今着物を見ながら悶々としている最中であります。

とりあえず つづく(はず)