「幼鳥」タグアーカイブ

鳥の絵を練習しています。ヤマガラ修行。

訳あって鳥の絵練習しています。これで9匹目

9号ちゃん。少しブラシに慣れてきたかな。
モフリたくなる羽毛を目指しております。

ちなみにブラシが定まらない時のヤマガラ1号ちゃん。

シュール!笑

今回目指しているのはモフモフ。オリジナルブラシを作ることで柔らかい羽毛を表現しました。

とりあえずモデルさん探しも頑張りたいけど。雨がうらめしい。

スタバのテラス席でお絵描きしてたらハクセキレイくんが何度もやってきておしゃべりしに来てくれた。せっかくだけどカメラ持ってないのよ。次回はぜひモデルになっておくれ。

ヤマガラ母さんに魅了される。

先日遭遇したヤマガラ親子。ヤマガラ母さんの統率力に感動しました。

エイヤー!と大きな青虫を倒し。雛たちの前で見せていました。(虫画像少ないものを選んでますがかなり大きくしばらく格闘してました。)

側で母の格闘の様子を見ている雛 かわいかった。

鳥を観察すると教訓になることが多々ありますね。ヤマガラ母さんの頼もしさに魅了された1日でした。

とったどー!のヤマガラ母さんの画像追加しました。

 

今朝ヤマガラ親子に会えた。(うれしい)

今朝。久しぶりに守谷市内でヤマガラに会えました。(過去1回遭遇)幼鳥ちゃんも一緒でかわいかった。以前幼鳥とは思わずに写真を撮り損ねたので今回は頑張って撮ろうとしましたが。動きが早い!曇り空で暗いのでピント合わせが難しい!なかなか満足出来でなかった〜

守谷の某所でヤマガラの声が聞こえたのでふらっと行ってみると〜あっちこっちでビービービー♫

木の影から見ていると、どうやら親が青虫と格闘しているのを子供たちが側で待っているというシーンのようで、幼鳥たちが羽を震わせてちょうだい!ちょうだい!と餌を催促しているようでした。

ボケボケでもかわいい?ヤマガラ幼鳥。羽の色は最初はグレーなのですね。

写真の出来は微妙ですが、見たところ幼鳥が5、6匹はいたように思います。混群という感じで、ヤマガラの他にシジュウカラ、メジロいました。

ヤマガラに会いたくてこの日を待っていたのでうれしい。見れただけでも幸せと思おう。

お手軽な野鳥観察。近くにいる鳥たち。親鳥の苦労。

早朝1番のスタバのテラスが好きです。

夫と一緒の時高確率でハクセキレイが遊びに来るんですが、なかなか良い写真が撮れない。今日こそと思ってカメラ用意してたけど犬連れもいたりで難しそうだ。

諦めてふと見上げると向かいのスーパーの屋上から見下ろす鳥がいる。

なんかポワポワ。
近くにもう1匹いたのは大人で飛び回ってましたので、こちらはこどものようですね?

もっと小さい時はグレーだったのですよね。↓

ちょっと前に市内の別公園で目撃しました。

お顔はだいぶ大人っぽくなったけど、口開けてママを待っているようでした。体は大きくなってももう少しお世話はかかるようですね。

親という字は木の上に立って見る。

‥‥と昔教えてもらいましたが、その時実感なかったですが、この諺は鳥視線なのかもしれないとふと思いました。この所の観察で幼鳥を見守る親鳥を見かけることが多くてストンと理解した次第です。

昔の人は鳥を見る機会ももっと多かったでしょうから

先日のベビーツバメも近くに見守る親がいましたっけ。

鳥のフリ見て我がフリ直せ(?)大人に見えてももうしばらく見守りは必要なんでしょうね。ふむふむ。

今日の電線野鳥観察 チョウゲンボウ改めサシバもいた。

紫陽花の季節になりました。

今日はお天気。夫も在宅だったので朝一緒に電線野鳥観察に行ってきましたよ。

カラスかな?いや違う?あらまあ。
小鳥だけかと思っていたら大物さんも電線でくつろいでいるとは?車のガラス越しで残念ですがお顔も少し見えた。

チョウゲンボウでは?という情報をいただいております。鳥先輩方ありがとうございます。大型の鳥はノーマークでした。勉強しないと名前わからない。考えても 電線に♪って歌しか出てこないんです。(年齢が汗)

その後、某所の鳥マニアさんの情報で細かく検証した結果。サシバの可能性が高いようです。くちばし。目。一つ一つ見ると納得。すごいな鳥マニアさん。これからも情報よろしくお願い申し上げます。

さて〜今日も幼鳥っぽい子がおりますわ。ポワポワのスズメちゃん

こちらはベビー顔のツバメちゃん。

ママ〜ボクちゃん頑張るよ!

電線の上だけでも結構楽しめること発見してお散歩が楽しくなっております。

上を見ながら歩くと良いことあるよ。小さな野鳥観察。電線編

守谷の公園でやまゆりが咲き始めました。ボランティアの方がお世話してくださっているのですよね。キレイな百合が見れてうれしいです。(昨日の立沢公園)

鳥が見れない時もお花が観れる幸せ。だいぶ暑くなったので遠出はしなくなって寂しいですが、そのかわり近くをさんぽする時は上を見あげて電線をよく見ながら歩きます。

そう。電線。今までずっと雀か烏ぐらいしかとまっていないと思い込んでいましたがそうでもないことに最近気づきました。

こんな場面に会ったり。(オナガ)

スズメと思ったら鳴き声が違う。(カワラヒワ)

シジュウカラ?よく見るとポワポワ。幼鳥かな?ぼーっとしててかわいいです。

ゴミ袋引っかかってる??って思ったら?

キジバトさん?仲良し夫婦。

何しろ今、木に留まっても葉の影で見つけにくいので電線に留まってくれるのはありがたーい。意外と面白い発見ありますよ。

駅に住み着いているイソヒヨドリくんも電灯の上から見ていたりしますよ。

私たちが生活に追われている毎日を鳥たちは上から哀れんで見ているのかも。

上を見て歩くと今までにない発見ありますね。さて少し陰って来たので電線見ながらご近所の散歩行ってこよう。